成績アップ

従来型の個別指導だと成績が停滞する理由

個別指導塾では成績が伸びない、といわれるようになって久しくなりました。
そして、この真実が見識のある保護者さまのあいだでも周知のこととなってきています。
では、なぜ個別指導塾では成績が伸びないのでしょうか。
理由は、生徒の横につきっきりの講師が手取り足取り教えてしまうから。
それのどこが悪いのか、と思われる方もいらっしゃるでしょう。
講師がつきっきりの個別指導塾に慣れてしまった生徒は、誰かが声をかけてくれないと、自分一人では勉強の計画すら立てられなくなってしまうのです。
結果として、一時的な成績アップは見られるものの、そのあとはいっさい成績が伸びなくなってしまいます。
ここで断っておきますが、浦和ゼミナールはこうした従来型の個別指導塾ではありません。
看板やホームページでも明記しているとおり、当塾は“次世代型”個別指導塾。
別のいい方をしますと、「集団個別」もしくは「自立型個別」とでもなるでしょうか。
いずれにしろあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、今の個別塾業界ではこの形態が主流になっています。

次世代型個別指導塾だからこそ本質的な学力が伸びる

浦和ゼミナールは、生徒が“自分の力”で目標を達成するための次世代型個別指導塾です。
講師は、生徒の学習活動の「設計者」、そして生徒のやる気を引き出す「モチベーター」。
講師が目標達成のための作戦を立て、生徒はそれを自力で実行します。
だから、塾に通っているうちに自分でも学習計画が立てられるようになり、工夫して勉強していけるようになるのです。
当塾では、目先の成績だけを上げるようなことはいたしません。
さらにその先の高校・大学入試を見据え、社会人になっても困難を自力で乗り切る、そんな人間を育てることを目的としています。

次世代型個別指導塾の5つの特長

①「生徒中心型学習」の実現

従来の個別指導塾は、講師が生徒に対して一方的に教えるだけでした。
いわば、「講師中心型学習」です。
この形態ですと、生徒の成績は一時的に上がるかもしれませんが、持続的な向上は見込めません。
しかし、浦ゼミは、自立した生徒を育てる次世代型個別指導塾です。
過去につまずいて理解できなかった部分は、AI(人工知能)が瞬時に見つけだし、正確にさかのぼって学習することが可能に。
学校の授業で理解できなかった部分も、映像授業でイチからわかりやすく教え直し、「わかった!」という感動を与えることができます。
その結果、生徒の理解度や実力に合った問題を的確に選択でき、「できた!」という自信を持たせることができるのです。
だから、浦ゼミは、あくまでも「生徒中心型学習」にこだわります。
講師に「依存」するのではなく、生徒が「自立」して学習できるようになる――それが次世代型個別指導塾です。

②保護者さまとの多頻度コミュニケーション

個別指導塾にお子さまを通わせている保護者さまから、よくこんなご相談をいただきます。
――「今、うちの子が通っている塾では、どんな勉強をしているかわからないのよね」――
お子さまの教育に熱心な保護者さまほど、塾の授業内容は気になるものです。
たしかに個別指導塾では、各季節講習会前の年2~3回しか保護者面談を行いません。
これではお子さまの学習進捗度や塾での様子は、ほとんどわからないでしょう。
しかし、次世代型個別指導塾では、お子さまの学習進捗度や塾での様子をメールで報告することができます。
塾からの報告メールにより、お子さまの家庭学習においても、保護者さまから具体的な声かけが可能となります。

③生徒の成績を短期で向上させるノウハウ

浦ゼミでは、定期テストの成績を継続的に向上させるため、2周学習を推奨しています。
2周学習とは、定期テストまでにテスト範囲を2周繰り返す学習法です。
1周目でテスト範囲の全体像を把握し、単元ごとの小テストでは正答率80%以上を目指してもらいます。
2周目では単元の定着をはかり、学校のワークも同時に仕上ていくことが目標です。
そのため、2周学習には成績向上に直結するという特長があります。
この2周学習と自立型学習の組み合わせにより、多くの生徒が定期テストで5教科合計100点以上のアップを実現しているのです。
成績が継続的に上がっていけば、当然ながらお子さまの学習へのモチベーションも高まっていきます。

④地域トップクラスの学習時間を確保

成績を短期間で向上させるには、絶対的な学習時間の確保が必要です。
お子さまにご家庭での学習習慣がない場合、通塾回数を増やす以外に方法がありません。
しかし、高額な授業料をとる個別指導塾では、通塾回数を増やすにも限度があるのではないでしょうか。
それに対して、次世代型個別指導塾である浦ゼミは、安心の授業料で、平日なら毎日通塾することが可能。
通塾回数が増えれば、学校の授業よりもどんどん先に進める先取り学習だってできるように。
だから、偏差値50ほどしかなかった生徒でも、偏差値65以上の上位校が目指せるのです。

⑤アルバイト講師ゼロでの運営

個別指導塾には、大学生のアルバイト講師が欠かせません。
ところが、その大事なアルバイト講師をないがしろにしてきたことで、「個別指導塾=ブラックバイト」という不名誉なレッテルを貼られてしまいました。
今でこそ少しは改善されていると聞きますが、個別指導塾では新しいキャリアも形成されないことから、優秀な人材はほかのバイトへと流れています。
大学によっては、「塾講師のバイトはお勧めしない!」とハッキリいっているところもあります。
だから、個別指導塾は慢性的な人手不足。
お子さまが塾へ行くたびに講師も替わり、教え方にもバラつきがあります。
これでは成績が伸びないのも、仕方がないでしょう。
その点、次世代型個別指導塾の浦ゼミは自立型学習を実践していますので、学生はもちろん、アルバイト講師すら一人もいません。
塾長が生徒一人ひとりに責任を持って指導しています。
浦ゼミが掲げる安心の授業料も、ムダにアルバイト講師を雇っていないからこそ実現することができました。

浦和ゼミナールの主要3教科学習法

浦ゼミの英語

一生使える英語を習得

  • 受験用の暗記するだけの英語ではなく、生徒自ら英語を使ってアウトプットさせることにより、一生使える英語を身につけられます。
  • 英会話重視の教育では学びきれない言語構造としての文法を中心にマスターし、自分の気持ちや考えを正しく伝えられる英語力が養えます。
  • 授業で本格的なネイティブ発音に触れることで、リスニングセンスが自然と定着していきます。

浦ゼミの数学

基本概念を徹底理解

  • 数学の根本原理をビジュアルでわかりやすく表現し、直感的に数学の概念を理解できます。
  • 数学を体系的に学ぶことができるため、全体像を把握しながら理論的思考を構築することができます。
  • AI(人工知能)を駆使して間違えた問題を徹底的に分析し、数学体系のわからなくなっているところまで的確に戻って勉強することができます。

浦ゼミの国語

理論的読解力の完成

  • これまでなんとなく解いていた国語の問題が、読解理論によって確実な正答へと導かれていきます。
  • 入試に出題される問題パターンを繰り返し演習することで、北辰テストや学力考査にも対応できる実践力が養成されます。
  • 単語→文節→文章→段落→長文と読解レベルを段階的に上げていくことにより、国語を苦手としている生徒でも無理なく学習を続けられます。

塾長あいさつ

はじめまして、塾長の田胡(たご)と申します。

私は、これまで長年、教育関係の仕事をしてきました。
最初は編集者として、小・中・高の受験書籍。
ライターとして、数々の教育・受験に関する雑誌やWebサイト。
そして、塾講師として、個別指導塾の現場――。

子どものころから、大の勉強嫌いだった私が、なぜこれほど教育にかかわってきたのか。
それは、社会に出てから、勉強の必要性を痛感したからです。

勉強をしすぎたからといって後悔する人はいません。
しかし、勉強をしてこなかったことを後悔する大人は、私も含めてたくさんいます。

とくに現在のような環境に恵まれた時代に生まれて、勉強しないなんてもったいない!
私がかつて講師をしていた塾の生徒たちも、それは理解していたはず。
でも、従来型の個別指導塾では、生徒たちに十分な学びの場を提供することはできませんでした。

高額な授業料による通塾回数の制限。
自分一人で見ることができる生徒数の限界。
保護者さまとコミュニケーションをとる機会の不足……。

だからこそ、自分の理想とする塾――この「浦和ゼミナール」が必要だったのです。

私ども浦ゼミは、生徒一人ひとりの個性を大切にした完全個別対応の授業を行っています。
講師が一から十まで教えるのではなく、生徒が自分の力で学習していけるよう支援しています。
保護者さまとの連携を大切にして、生徒が学習習慣を身につけられるよう指導しています。

勉強は絶対に裏切りません!!
これからも、勉強の大切さ、素晴らしさを伝えていきたいと考えております。

浦ゼミこそが真の個別指導塾であるということを、みなさまに実感していただければ幸いです。